赤ワインの血液サラサラ効果について

日本は、ワインが好きな人が多く、お手頃な価格のワインがよく売れています。
ワインは、ブドウを原料として製造されているため、ミネラルやビタミン、ポリフェノールが含まれています。
そのため、抗酸化作用により、様々な健康効果が期待できるのです。
食品に含まれているミネラルやビタミン、ポリフェノールは、吸収率は多くても40%くらいだと言われています。
しかし、ワインだと、100%吸収されると考えられているのです。
特に熟成した高級なワインだと、有効成分が多いのです。
ワインのポリフェノールは、アントシアニン系など3種類に分けることができます。
ワインに含まれているポリフェノールは、血液サラサラ効果も期待できます。
また、DHAも保護します。
ポリフェノールは、動脈硬化の予防にも使われます。
動脈硬化は、活性酸素によって酸化した悪玉コレステロールによって引き起こされます。
悪玉コレステロールの酸化を防ぐことができる成分のひとつが、ポリフェノールなのです。
赤ワインには、色素成分のアントシアニンやカテキン、タンニンなど、様々なポリフェノールが含まれています。
そのため、血液サラサラ効果が期待できると言われているのです。
白ワインにもポリフェノールは含まれていますが、赤ワインと比べると少ないのです。
原料となるブドウの品種もワインを発酵させる方法も異なることが、その理由です。
赤ワインは皮や種も一緒に発酵させるので、抗酸化物質が多いのです。

血液サラサラ改善ナビ|血液サラサラにするにはどんな食べ物が良い?はこちら